忍者ブログ

ヤマシっぽい何か、という日記

元・天乱桃舞 電子日記です。リンクはどっちゃでもええやい(ぉぃ) 基本的にはゲーセンでの出来事、日常での出来事、ゲーセンでの出来事(ぉ)を書きつづっていこうと思います。最近は戦国記事メインですがねw 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ガンバレ、ニッポン。オリンピックシーズンです。

とりあえず、こないだ久々に全国やったので、軽くリプ。



お題:新EX問田を使う。

こないだ発売になったオ○ィスさんを他のトプランがいじる・・・もとい、色んなデッキを紹介する本についてきた新カード問田の大方というカードを使ってみようということで。
裏の説明書きを見るなり、焙烙の威力は高くても計略でその辺をリカバーできない小早川の嫁さんらしく、ワントップの焙烙弾回復と武力と統率が上がるって計略。でもまぁ、冷静に考えて、児玉親方の大玉を2連発するとかの使い方の方が基本だよなとか思ったけどw
ただし、焙烙自体が今では牽制力としての意味合いが強いのと、当ててダメージを与えることにそこまでの必要性を求めていないっていうのがあるので、同じように士気を回すにしても彗矢を使う方が戦いやすいだろうと思ったので、候補から速攻でアウト。
とはいえ、焙烙持ちと組まないと色んな意味で効果がない(ぁ)ので、候補は誰だろうと模索した結果、俺の相棒はこいつ↓


つ 佐田彦四郎


誰だ、それは違うとか言った奴www

でもまぁ、親方を入れるのもありだとは思ったけど、何よりこいつほど焙烙回復できる恩恵を感じる奴ってなかなかいないと思ったんだけど。ほら、計略撃って統率上げていったって、結局使える焙烙の弾数とタイミングは限られてる訳なんだしw
そう考えて、まずは佐田と問田は確定、本当は睨み駆け入れてバラにしようかと思ったんだけど、若干迷走感漂ってたんで、大人しく百戦不敗の吉川元春をチョイスして、残りコストはバランスの都合で親方と熊谷のオッサン。結局親方いるけどwww

結果デッキ:吉川元春、佐田彦四郎、児玉親方、熊谷道直、問田のねーちゃん

とりあえず、やってみた感じ、×○○。佐田は出来る子だったんだねーねーねー(棒)
とりあえず、適当に計略を撃つよりは、士気フローしそうな時に撃てばそのまま牽制になるし、万が一ヒットすりゃ儲け~っていう。なんというか、立派なデッキパーツになるなーってのは実感した。詰めようと思えばまだまだ戦えるデッキになった気がする。ていうか、気づいたら従一位Aに戻った。だーいぶ適当だったんだけどなぁ・・・ま、いいか。



あ、そうそう。関係者との打ち合わせも済ませて、もうすぐSUMMER YAM@SHI LIVE in Tokyo の開催が確定したとかなんとか。とりあえず、新宿入りが13日になりそうなので、暇な方はお越しくださいましw詳細は俺に聞くな!(何)



以下※レス

> ブレイズさん

そうっすね、ボンバーマンは適度にやるのがベストですねw

拍手[0回]

PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 無題

キャー YAM@SHI サーン (^^♪

行けないファンのためにDVDBOXが発売され、それがニコ動にうpされるまで読んだ。
毎年夏のライブは欠かさず行ってたのになぁー

来年はぜひ野外でやってねwww
5773dd6b18 てとしゃん || 2012年 08月 06日 月曜日 || 編集
TBURL
記事URL

ツイッター

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフ

写真は心の友、横山三国志が群雄伝に出た時にゲーセンに貼られていた縦長ポスター。店内大会準優勝の賞品でした。
HN:
YAMASHI
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
デッキ開発、暴走(何)
自己紹介:
もはや三国など捨てた!(コラ)今は戦国メイン。たまに音ゲー。たまにWCCF。

IC名:戦国華撃団
ただいま征7国。裏面入ったよ!
前バーは正一位と従一位ルーパー。下手なので強デッキでしか勝てません。

他のゲームだと、大体ヤマシで通ってます。ね(*´∀`*)

最新コメント

(11/10)
(11/08)
(06/18)
(04/25)
(04/24)

アクセス解析

おまとめボタン

お天気情報

ビジターチェック

忍者アド

忍者ポイント広告

バーコード

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) YAMASHI. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim